合宿免許はドライバーへの第一歩?

遠いところへ出かけたい…そのような夢を子どもの頃から持っていた方も少なくないでしょう。親が車を運転するところを見て、自分も大人になったら運転してみたい、と思ったこともあるでしょう。運転は楽しいものですが、その反面、大人になるにつれてそれがただ楽しむものだけではない、ということも分かるようになってきます。多くの人が交通事故を経験し、最悪の場合死に至っているニュースを見て、運転はただ自分が思うようにすれば良い、ということではない、その事実を実感することになります。

車はそれを良い仕方で用いるなら良い道具ですが、使い方を誤ってしまうなら、それは途端に殺傷能力のある凶器になってしまいます。ですから私達は、子どもがゴーカートに乗るときのような感覚ではなくて、正しい運転の方法を自動車学校で学んでから、実際に車を運転することができるのです。これは誰にとっても必要な過程であり、そこで勉強することをドライバー生活における一生において、実践して行かなければなりません。

しかし、多くの人が自動車学校を卒業してすぐは基本に忠実だったり、勉強した交通法規を覚えていたりしますが、年数が経つにつれてそれを忘れていってしまいます。もちろん、運転に慣れて体に染みついているなら良いのですが、本当に大切なことまで忘れてしまい、それが事故の原因になる場合もあります。そこで、本当に自動車学校で集中して効率的に学習し、それを生涯の知識とするために活用できる、『合宿免許』という方法があります。