進度が遅れてもOK?

大型車、普通(自動車)免許は以前からありますが、中型車は割と最近に作られた種類です。大型車の免許取得に比べて、割安で取得することができます。今現在、そもそも普通免許を取得しているのかどうか、という点でどのくらいの期間が必要になるか、という点が異なってきます。しかし、そもそも合宿免許は非常に効率的に取得が可能ですから、それでも1か月かからずに免許を取得することが可能となっています。

しかし、自分の進度について心配される方がおられるかもしれません。確かに合宿免許は効率的に免許を取得するためには良い方法だけれど、それでも内容に理解が追い付けなかったり、試験に合格しなかったりしたらどうなるのか、という心配をされる方がおられるでしょう。では、合宿免許でそのようになってしまった場合、卒業は可能なのでしょうか。

結論から言いますと、十分可能です。短期間で取得するのがもちろん理想ですが、日程が許す限り期間を延長することは基本的に可能です。試験に落ちる、という理由以外で期間が延びることもありますが、一度落ちたことで卒業・取得できずに終了、ということはまずないので安心できます。ただし、場合によっては追加料金が掛かりますので、その点は注意が必要です。

大型・中型の免許も取れる

「自動車免許」と一口に言っても、私達が普段乗っているような普通の乗用車に該当する免許だけではなく、他にもいろいろな種類の車に対応した免許があります。それには、大型車、大型二種、大型けん引、中型車、中型二種、大型/中型特殊などの種類があります。教習所では、そのような種類の免許を取得することが可能になっています。教習所によっては、取得が可能となっている免許の種類が異なっている場合もありますので、その点は事前に自分が通おうとしている教習所をチェックしておくことが必要です。

通常の取得方法だけではなく、合宿免許においても普通車以外の免許を取得することが可能です。例えば、『中型車』は、小型の(マイクロ)バスや、4トン・6トントラック等が該当します。仕事上、それらの免許を取得していることが必須である場合もあるでしょう。

合宿免許を実施している自動車学校では、都道府県によって中型車の免許を取得することができるところは少ないですがありますから、もっとも近郊の合宿校があれば、そこを利用することができます。コンビニ等から申し込みを行うことによって、キャンペーン価格で費用が安くなる場合もありますので、ぜひ利用しましょう。

合宿免許のメリットとは

私達が車に乗りたいがために、自動車免許を取得する時は、自動車学校で運転に関する知識、技能を学び、約2回にわたる大きな試験に合格しなければなりません。試験そのものはそこまで難易度の高いものではありませんが、学校のテストと異なるのは、『問題の傾向に慣れていないと間違えやすい』という点が顕著です。自動車免許取得試験では、いわゆる『ひっかけ問題』のような問題が多く出題され、それはただ授業に参加しただけでは、また、一度模擬テストを行っただけでは間違ってしまうような問題が多いと言えます。

そのためには、まず授業に集中して、交通法規などの内容をきちんと理解すること、そして、それらを試験本番に活用できる知識にすること、が重要です。それに加えて、何度も問題を解き、その出題傾向に慣れておく必要があります。しかし、これらの過程は短期間で行うのはなかなか難しいと言えます。特に、仕事や学校に通いながらの授業や試験は、疲れていると内容が頭に入りにくかったり、簡単な問題を間違えてしまったりすることもあるでしょう。

しかし合宿免許は、まさに『免許取得』というゴールに向けて、完全なカリキュラムが組まれ、それに沿って進行して行くため、集中でき、非常に効率的に学習を行っていけるという点で優れています。

合宿免許はドライバーへの第一歩?

遠いところへ出かけたい…そのような夢を子どもの頃から持っていた方も少なくないでしょう。親が車を運転するところを見て、自分も大人になったら運転してみたい、と思ったこともあるでしょう。運転は楽しいものですが、その反面、大人になるにつれてそれがただ楽しむものだけではない、ということも分かるようになってきます。多くの人が交通事故を経験し、最悪の場合死に至っているニュースを見て、運転はただ自分が思うようにすれば良い、ということではない、その事実を実感することになります。

車はそれを良い仕方で用いるなら良い道具ですが、使い方を誤ってしまうなら、それは途端に殺傷能力のある凶器になってしまいます。ですから私達は、子どもがゴーカートに乗るときのような感覚ではなくて、正しい運転の方法を自動車学校で学んでから、実際に車を運転することができるのです。これは誰にとっても必要な過程であり、そこで勉強することをドライバー生活における一生において、実践して行かなければなりません。

しかし、多くの人が自動車学校を卒業してすぐは基本に忠実だったり、勉強した交通法規を覚えていたりしますが、年数が経つにつれてそれを忘れていってしまいます。もちろん、運転に慣れて体に染みついているなら良いのですが、本当に大切なことまで忘れてしまい、それが事故の原因になる場合もあります。そこで、本当に自動車学校で集中して効率的に学習し、それを生涯の知識とするために活用できる、『合宿免許』という方法があります。